ニキビ シミ 治し方

ニキビ跡からシミになりやすいケース

ニキビ跡の厄介なところは、シミになる恐れがあることです。単純にニキビ跡ができただけでは、シミになることはありませんが、条件が揃うとシミになりやすいケースがあります。

 

ニキビ跡がシミになりやすいケースといえば、色素沈着をした場合です。シミはいわゆるメラニン色素が色素沈着した状態です。なぜ、ニキビ跡が色素沈着するのかというと、ニキビができるとメラニンが生成されやすいお肌の環境になるからです。

 

なぜニキビができるとメラニンが生成されやすくなるのかというと、活性酸素が増えるからです。ニキビができている部分というのは、雑菌が多く繁殖しています。そのため、その雑菌がからだの内側に入ってこないように、活性酸素が戦ってその雑菌を退治するのです。

 

しかし増えた活性酸素は、お肌の内側にとって大きな刺激となります。お肌に刺激が与えられると、メラニンの生成が活発になります。メラニンの生成が活発になり、メラニン色素が増えると、それは次第にシミとなって色素沈着していきます。メラニンがお肌に含まれているだけであれば、お肌のターンオーバーによって剥がれ落ちていきますが、色素沈着するとシミとして長く居座り続けます。

 

また、ニキビ跡ができているのに紫外線対策をしていないと、シミになりやすいです。紫外線はメラニンを生成するはたらきがあります。元々ニキビ跡には多くのメラニンが生成されているので、紫外線によってメラニンの量が非常に増えてシミができやすくなります。

 

ニキビからシミになった時の対処法@ビタミンC化粧品を使う

ニキビ跡がシミになってしまった場合の対処法として、ビタミンCが含まれた化粧品を使う方法があります。なぜビタミンCがシミを改善するのに効果があるのかというと、ビタミンCには活性酸素を除去するはたらきがあるからです。

 

ニキビ跡がシミになってしまうのは、増えすぎた活性酸素が原因です。また、活性酸素が増えたままでいると、シミを改善するのに多くの時間を要することになります。そこで、まずは活性酸素を除去するためにビタミンCが含まれた化粧品を使えば、そのビタミンCが活性酸素を除去してくれるので、増えすぎた活性酸素の量を減らせます。

 

活性酸素の量が減れば、メラニンが新たに生成されることを抑制できます。メラニンの生成が抑制されれば、メラニン色素が色素沈着を起こす可能性も低くなるので、シミが濃くなるのを防げます。

 

ニキビからシミになった時の対処法Aターンオーバーを促す

ニキビ跡がシミになり、それを改善するために最も大切なことは、お肌のターンオーバーを促すことです。お肌のターンオーバーを促すとはすなわち、お肌が生まれ変わるのを促進することをいいます。

 

人のお肌というのは、お肌の内側で新しいお肌の細胞が常につくりだされています。その新しい細胞が古い細胞をお肌の表面に押し出すことによって、綺麗なお肌を保っているのです。お肌の表面に出てきた古い細胞は、角質としてお肌から剥がれ落ちていきます。このサイクルのことをお肌のターンオーバーといいます。

 

しかし、お肌にシミができている部分というのは、このターンオーバーが上手くできていないことが多いです。なぜなら、お肌のターンオーバーが上手くできていれば、古い細胞に存在している色素沈着は、色素沈着を起こしていない細胞に押し出されることによって、どんどん剥がれ落ちていきシミが目立たなくなるはずだからです。

 

お肌のターンオーバーを促すためには、とにかくお肌が乾燥しないことが大切です。保湿力のあるスキンケア用品を使って、しっかりとお肌の保湿を行いましょう。また、美容液を使うなどして、コラーゲンやヒアルロン酸などをお肌に与え、よりお肌の潤いを保ちましょう。

 

シミになったニキビを消すレーザーの種類と治療方法

レーザーはシミになったニキビを消す治し方です。6つの種類があります。1つ目は、アクネライトです。最もスタンダードなレーザーで、ピンポイントで照射することでシミを改善します。2つ目は、フラクセル2です。顔以外にも照射が可能なレーザーで、毛穴を引き締めたり新しい皮膚へと入れ替えたりする作用があります。

 

3つ目は、CO2フラクショナルです。全面的にレーザーを当てるレーザーではなく、点でレーザーを当てるタイプなので、痛みが非常に少ないのが特徴です。4つ目は、フォトRFです。光エネルギーと高周波エネルギーを合わせたレーザーで、広域な波長帯をレーザーできます。そのため、施術時間やダウンタイムが短いです。

 

5つ目は、サイトンレーザーです。最新のレーザーで、肌を削って滑らかに仕上げ、色素沈着を改善するレーザーです。肌を削るのでダウンタイムが長いですが、効果が高いために最も注目を浴びています。6つ目は、ブリッジセラピーです。これまでのレーザーでは届かなかったお肌の深部までレーザーを照射でき、凹凸ができているニキビ跡のシミでも治療ができます。

 

page top